WORKS 実績紹介

愛別町のビーツブランド「Sweet Beets Box」をプロデュース

エリア:北海道愛別町
プロジェクト予算:非公開
主なクライアント:愛別町
期間:2018年6月~現在
2018年6月~愛別町は3年計画で地元の農産物を活かした加工品開発に取り組むことを決定。
その上で専門家として町と契約して、産業振興プランニングを実地。

課題

  • 町の人口が年々減少(3000人未満)
  • 特産品が少ないため、加工品開発が必要
  • 農業活性化のためのコンテンツや企画の創出

<インサイト>
生産者が主体的に発信できる経営企画がほしい

戦略&行動

愛別町の地域を巡回した結果、首都圏で需要が高くスーパーフードとして注目されビーツを栽培する農業団体に着目し、ブランド事業化。
「土臭さがない、甘くて美味しいビーツ」をウリに品種を特定して、
ビーツブランドのコンセプトワークやデザインをプロデュース。
ビーツの販売単価を上げることで農家の売上を増やし、
就農者を増やす様々な仕掛けを。
また、ビーツはその鮮やかな色味から“インスタ映え”する食材のため、
KPIを設定したインフルエンサーマーケティングを企画・運用。
外商では、北海道内のレストラン、ホテル、バーなどと直接交渉をして、B2Gのコラボレーションを実現させてブランドを定着させた。

結果

  • スタートして4か月で北海道内ホテル、レストラン、バーの店舗でのコラボレーションメニューが生まれた。前年度比からビーツの売上は約5倍に向上。InstagramのDMで全国からの注文も受注。
  • メディアにも多数掲載し、
    Sweet Beets Box のブランド認知度の向上を達成中。
  • スタートして4か月で北海道内ホテル、レストラン、バーの店舗での
    コラボレーションメニューが生まれた。
  • 町民の方々がビーツの需要の高さや味を少しずつ理解されて、愛別町
    ビーツ振興部が発足し、ビーツの栽培者が5名増加。