WORKS 実績紹介

香住蟹を活用した蟹リゾットの事業プロデュース

エリア:兵庫県香住町
プロジェクト予算:約750万円
主なクライアント:㈱マルヤ水産、小谷農園
期間:2018年10月~現在
蟹の加工の際に出てくる蟹エキスを100%活用したリゾット開発。
資金調達として農商工連携事業の資料作成、プレゼン指導、商品企画、PRに従事。

課題

  • 常温の加工品が求められている(海外輸出視野のため)
  • 蟹のむき身の際に出るスープを活用した6次化商品
  • 「蟹のほほえみ米」をブランディングしたい

<インサイト>
「蟹」をテーマとしたストーリーが活きた商品化

戦略&行動

「おじやではなく、リゾットで」 香住町に5回にわたり訪問しながら、生産者からのヒアリングと課題抽出、朝の蟹競りなどの現場の雰囲気を5感で体感。米の生産者の課題も把握した結果、リゾットの開発企画を提案。湯銭をしてすぐに食べられるレトルトパウチ加工は時短であり、ゴミ処理もエシカルであること。また、蟹の出汁を最大限に活かす米の調理法はリゾットであると考えたからだ。蟹のほほえみ米は、蟹殻の肥料とした米の栽培であり、蟹×蟹の美しい循環ストーリーも販促イメージとして頭に浮かんだ。ワインと合わせる30代~50代の女性をペルソナ設計に置き、「食品添加物・砂糖不使用」をウリに2種類のリゾットの商品化を念頭に農商工連携補助金の事業計画を代行した。

結果

  • 農商工連携補助金が採択。面接時のプレゼンテーションも作成して、模擬面接を徹底して行い、プレゼン練習に力を入れた賜物。計画上では約750万円の事業に対して2/3補助で事業進行できる。
  • レシピ監修には東京のフレンチのシェフに委託。フレンチで経験を積んだ確かな味で、食品添加物不使用を実現させた。
  • 全国のネットワークを活かして、他県のOEM先のご紹介。
  • また秋にはイベント企画を本格化させて首都圏へのマーケティングを開始する。